副業は趣味で稼ごう

好きな事を仕事に出来れば、誰も苦労はしませんよね。
仕事が生きがいで、仕事が趣味のようなもの・・・・なんて一度でいいから言ってみたいものです。
大半の人は仕事とは大変で、でも生活のため、社会人としての責任のために働いています。
本業で働き、さらに本業だけでは収入が足りないから副業でも働く。
副業も、しんどい事を我慢して働くのであれば、1日中仕事ばかりの生活でうんざりという気持ちになってしまいます。

せめて副業ぐらいは、自分の趣味や好きな事に関係ある仕事を探してみてはどうでしょうか?
例えばAさんは、アニメやコミックが大好きで、自分でもコスプレをします。
もともとAさんは手先が器用で、コスプレの衣装は全て自分で作成していました。

そしてコスプレをした姿をサイトで画像にアップしていたら、ある日メールが届きます。
コスプレの衣装の完成度の高さに、驚きました。
自分もこんなコスプレを着たいのですが、不器用で自分では作る事が出来ません。
材料費や、作成時間に対する手間賃を支払うので、希望するコスプレを作ってもらう事は可能でしょうか?
そんな内容のメールでした。
Aさんはもちろん、快諾し、相手のためにコスプレを作り、すごく喜んでもらえ、そしてお金をもらえた事に充足感を持ちました。
そしてその後、サイトには画像のアップとともに、コスプレのオーダーを承りますとメッセージを乗せたところ、依頼のメールが届くようになりました。個人で作成していて量産が出来ないため、稼ぎ自体はそう多くはありません。
しかし、作る事自体が楽しいので、コスプレ作成の副業を満足しています。

低いハードルからスタートする

副業を始めようと思っても、なかなか始められない。
そんな人も多いのではないでしょうか?
そう思う人は、副業を始めて続けられる自信がないからです。
今でも仕事で毎日忙しい、さらに副業をして忙しくなって、対応出来るんだろうか?

そう考えてしまうと、なかなか一歩踏み出す事が出来ません。
しかしそんな人がイメージしている副業とは、例えばアルバイトのようなものなのかもしれません。
仕事が終わった後に、ファミレスやコンビニで3~4時間、そして週に3回のペースで働く。
これは結構体力的にも精神的にも負担が大きい副業です。

なぜかというと、朝9時~18時まで働き、通勤に往復で2時間かかると、本業だけで拘束時間は11時間を超えます。
そしてそこにアルバイトが3時間加われば、24時間のうち14時間が働いている時間になるからです。
残り10時間あるといっても、食事の時間やお風呂の時間、そして睡眠時間も確保すれば自分時間は0になってしまいます。
そんな日が週の半分もあれば、うんざりしてしまいます。

ですが、最初からそんな副業にハードルを上げる必要はありません。
プライベートの時間は全く変えずに、通勤時間の2時間だけ、スマホからアンケートサイトやポイントサイトをする。
アンケートサイトやポイントサイトだけでは、月1万円程度の収入にしかなりません。
もっと頑張れば、もっと稼げる。休日は2~3時間在宅ワークのために時間を費やしてみよう。
そんなふうに思えるようになるはずです。少しづつ在宅ワークをする習慣を身に着けていく。
最初からハードルを高く設定するよりも、低いハードルを1つ1つ飛んで、徐々に上げていく方が成功しやすくなります。